シルクスクリーン芸人・小林ぼっちの刷ったもんだ

無名のピン芸人、小林ぼっちが知識ゼロの状態から「シルクスクリーン」を駆使してオリジナルグッズの作成・販売。一人前のシルクスクリーン芸人を目指して奮闘する1年の軌跡を綴ります。

試し刷りの布きれ活用法

タペる

RISOさんのワークスペースをお借りしてシルクスクリーングッズを作っていると、いざグッズにプリントする本番の前に布きれを使って試し刷りをすることがある。

試し刷りが終われば基本的にその布きれは捨てられてしまうのだが、なんとなく勿体無いので僕はこっそりもらって帰る。

昨年、トートバッグを刷った時にも(タダだ!)という思いからついつい持ち帰ってはみたものの、正直なところ特に使い道はないのだ。

 

うちの母は、例えばテレビや小棚といった部屋の中に置かれるあらゆる物に、ホコリが溜まらないようにと布をかけてしまう、いわゆる妖怪「布掛けババア」の類いだった。驚くほどの偏見だが、地方の中流家庭の主婦に多いイメージ。

僕も一応その血を引いているので、パソコンのホコリ除けにでも使ってみようかとも考えたが、昔からそんな母親を見ながら子供心に(結局その布の上にホコリがかぶった状態でそのままなのだから同じではないか?)と思っていたことを思い出して思い止まった。

f:id:ssg-k-botch:20200126011653j:plain

トートバッグを刷った時に試し刷りした布きれ

とりあえず↑のように画鋲で壁に貼り付けて飾ってみることにしたのだが・・・少し不格好だな〜と思ったまま2020年を迎えてしまったのである。

 

しかし先日、突然ひらめいた!

 

(そうだ、タペストリーにしよう!)と。

 

正確には「タペストリー」という単語がまったく出てこず(そうだ、アレにしよう!)だったのだが、脳内ではしっかりと思い描けていた。上下の辺に棒がついてて紐で引っ掛けるタイプの布製のポスターみたいなアレだ!

 

この安っぽい布きれも「タペる(タペストリーにする)」ことで、きっと一気に輝き出すに違いない。

そこで早速バイト終わりに100均へと立ち寄り、工作用の木製丸棒と麻紐を購入。

f:id:ssg-k-botch:20200126015304j:plain

タペストリー用かと思うくらい丁度いいサイズで2本入りの木の棒

縫ったりは面倒だったので両面テープで布をつなぎ合わせ、制作時間はわずか10分足らずであっという間に完成だ!

 

これを飾れば僕の狭苦しくて陰気漂う部屋も一発でオシャレ空間に早変わりである!

f:id:ssg-k-botch:20200126015716j:plain

 

「なんか・・・・・・う〜ん。」である。

 

正直不格好であることにはあまり変わりなかった。というかちょっと雑過ぎたかもしれない。しかしどうにかもっと上手くやれば、オシャレアイテムに仕上がるポテンシャルは持っている感じはする!

そんなわけで、皆さんもシルクスクリーン体験をした際、試し刷りに使った布切れはぜひ持ち帰ってタペってみてほしい。

ポーチが届いた

さて、ネットで注文していた無地のポーチが今日届いた。

f:id:ssg-k-botch:20200126021424j:plain

フラットタイプの綿生地ポーチと綿&ジュート生地のポーチ

f:id:ssg-k-botch:20200126021651j:plain

舟型の綿生地ポーチ

平べったいフラットタイプのポーチ(17×23cm)は、綿100%のものと綿とジュートの混ざったものの2種類買ってみた。ジュートとは黄麻という麻のことで、茶色っぽくて織り目が荒い感じだ。これにも上手くシルクスクリーンで刷れればいいのだが、実験である。

底の幅があるタイプの舟型ポーチ(12×15×55cm)はサイズ感も良くて使いやすそうだが、底の分が段差となって刷る時に難しそうだ。そもそも刷れる面も小さいので、デザイン自体もよく考えていかなければ失敗する可能性が高い・・・。

 

とまあ不安要素も否めないが、今月末にいよいよこれらのポーチと以前紹介した白無地の靴下を刷りにまたRISOさんへうかがう予定だ。久々にして今年初のシルクスクリーン、楽しみである。

 

いい物ができたらぜひ皆さん買ってください・・・!!

SSGメモ24:タペストリーは100均にある物で簡単に作れるが、出来栄えはセンス。

 

新グッズ候補その2&新売り場

女子といえばポーチ

男はほとんど持っておらず、女性はだいたい持っているものといえば・・・

そう、「ポーチ」である。あとは「別腹」とかである。

 

あくまで僕のイメージだが、女性のバッグの中にはとにかくマトリョーシカ的にどんどん小さなバッグが入っている。もはやバッグしか入っていないんじゃないか。

別腹しかり、女性はおそらく袋をたくさん持ちたがる生き物だ。

 

そんなわけで「シルクスクリーン芸人としてグッズ制作に励んでいます」などとのたまっておきながら、未だにポーチを作っていないという現状は由々しき事態。

そこで昨晩、ようやくネットから素材となる無地のポーチをポチったところである。通販サイトで大量に購入することは、現物を事前に確認できないという恐ろしさから今まで渋ってきたが、もう背に腹は変えられないのだ。

 

先日購入した靴下と合わせて、近日中にまたRISOさんへ小物を刷り刷りしに行こう。それ用のイラストも描かなければならない。

いや〜ものを作る前はいろいろわくわくしてくるものだ。

ラクマに商品を出しました!

一方、ものを売ることに関してはどうも僕は苦手でならない。しかし30越えたフリーの崖っぷち芸人がそんなことも言ってられないのだ。

前回の記事で書いたように、2月あたりに参加できそうなフリマを目下探索中なのだが、なかなか条件が合ったイベントは見当たらない・・・。

 

かといって、これ以上販売機会を停滞させるわけにもいかないので、ひとまずネットのフリマサイトにも出品してみることにした!

https://fril.jp/shop/kobayashibotch

f:id:ssg-k-botch:20200118200647j:plain

楽天フリマサイト「ラクマ」にてグッズ販売中

 

以前ご紹介した通り、オンラインショップのstores

kobayashibotch.stores.jp

でも販売しているが、とにかく少しでも人の目に触れる機会を増やさなければということで、楽天グループが運営するフリマサイト「ラクマ」でも出品することにした。

 

ラクマの利点はなんといっても匿名配送ができることだ。

せっかく「いいぬ!」グッズに興味を持ってくれても、こんな得たいの知れない怪しい成人男性に住所を知られるのはちょっと・・・と今まで二の足を踏んでいた方はぜひ活用していただきたい。

 

正直、ラクマよりメルカリやヤフオクの方が利用者が多いのでは?とは思った。実際自分もよくネタの小道具なんかをここで入手したり、不用品を売ったりもしている。しかし、できれば「小林ぼっち」として新たにアカウントを0から作りたかったため、今回はまだ使ったことがなかったラクマを選択してみたのだ。

 

そう、僕も初めて知ったのだが、この手のネットフリマは各社ごとにアカウントは1人1つずつまでしか作ることができないらしいのだ。不正防止のためとのことだが、「ものを売る」という行為には様々な決まりがついて回るのだな〜と、改めて実感する日々である。

おまけの「いいぬ!」

そんなこんな、今回も最新の「いいぬ!」イラストでお別れです。

f:id:ssg-k-botch:20200118203017p:plain

トバシーヌ

SSGメモ23:作るのは楽しい!売るのが大変・・・

売り難民

フリマに出よう!

シルクスクリーン芸人を名乗りつつ、年末年始の喧騒にかこつけてあまり表立った活動を怠っていた今日この頃。

しかし世間的には仕事始めもとうに終わり、七草がゆで胃腸も整い、すっかりいつも通りの日常に戻っている。そろそろ僕も「やってますよ感」を出さねばなるまい。

 

この「やってますよ感」こそがまさに、売れないままズルズルと続けてしまう芸人の一番の天敵でもあるのだが・・・それでも「やってない」よりは格段にいいのだ!・・・のはずだ!

 

さて、自己擁護もほどほどに・・・

自身が売れることも大事だが、それにしたって最近グッズを売ってない。昨年10月に行った単独ライブでの物販を最後に、ライブ後の手売りや通販でぽつぽつと販売してはいるものの、ガッツリと販売機会を設けていない。

 

というわけで、2月あたりにフリマに出よう!

 

 

フリマに出れない!

フリマに出れない。

 

今まで某メ〇カリやヤ〇オクなどのネットフリマで売買したことはあるが、実際に現場に現物を持ち込み直接対面で行うフリーマーケットには客としても行ったことがない。

そこでまずはネットから都内で開催される一般参加のフリマを探してみたところ、各所で頻繁に行われていることがわかった。

多すぎて逆にどれに出ればいいか迷ってしまうほどである。

 

そこから日時、場所、参加費などを考慮して手ごろなイベントを選び、早速運営に参加申し込みのメールを送ってみよう・・・とその前にもう一度参加規約をよく読んでみると

 

「本イベントは一般家庭から出た不要品のリユースを目的としています。グッズの販売などはお断りさせていただきます。」

 

的な文章が添えられているではないか!

なるほど確かに。そもそもフリマは利益を出すことが主目的のイベントではないのだ。そこを許容してしまい、もし業者などが参入してきて場が荒らされれば本来の意義が失われてしまう。

 

納得はしたものの、これはまいった。

仕方なくもう一度よく探してみると、あんなにあった選択肢が一気に減ってしまっている。

 

と、そんななかで目に留まった「ハンドメイドマーケット」・・・

 

これだ!

 

ハンドメイドマーケットの目的は新しい持ち主を見つけることではなく、最初の持ち主を見つけること。つまり堂々と販売して利益を得ることができる。

 

フリーマーケット」と「ハンドメイドマーケット」・・・

同じようなものだと思っていたが、実はなかなか面持ちの違うイベントだったのか。

 

というわけで、2月のとあるハンドメイドマーケットに参加申し込みのメールを送信。

毎回作ることは非常に楽しいが、とにかく商売事が苦手なので、こういう機会を無理矢理にでも自分に課していかないとなかなか在庫はハケない。今年は売ることもしっかりと頑張っていかなくては。

 

「ご連絡ありがとうございます。 弊社主催のハンドメイドマーケットはプリントTシャツ等の販売はお断りしております。 ご理解、ご了承ください。」

 

 

ハンドメイドマーケットに出れない!

 

運営から上記のメールが返信されてきた。

なんてことだ!ちゃんと自分の手で刷ったのに!「ハンドメイド」と見なされなかった!シルクスクリーンの手軽さが仇となった形である・・・。

 

こうなってくるともはや、以前紹介した先輩の本田兄妹・あやのさんのように布から小物を作るくらいしなければならないのか・・・?

ssg-k-botch.hateblo.jp

とはいえ、途方に暮れていても仕方がない。

他に参加できるようなイベントを探すか、もしくはそんなライブを開催するなどしなくては・・・

このままでは在庫と出費だけがどんどん膨らんでしまう!!

今日のいいぬ!

つらい印象のまま終わるのもなんなので、最後におまけで最近描いた「いいぬ!」イラストでキュートにお別れです。

f:id:ssg-k-botch:20200111160508p:plain

イカオリーヌ

SSGメモ22:シルスクグッズを直売できる場は意外に少ない

新グッズ候補

新年あけましておめでとうございます

というわけで、いつの間にやら年も明けて2020年。令和も2年目に突入いたしました。

皆様にとって実りある一年になりますよう深くお祈り申し上げます・・・

 

などと悠長に人の心配をしている場合ではない。

今年の春でとうとう芸歴も9年目。10年の大台もすぐそこだ。同期の仲間には着々と結果を出している者も見受けられる。

そんななか、ようやく焦ってないことには焦り出した程度の僕ではございますが、今後とも末永く甘やかしていただけますと喜びます。

新たにグッズ素材を購入

さて、何度もここで書いている通り、来たる3/29(日)に埼玉スーパーアリーナで催される大規模フリーマーケット「minneハンドメイドマーケット2020」に出店することとなった。それに向けてそろそろ具体的に動き出さなければ・・・

とにもかくにも、まずは売る物がなければ始まらない。これまでTシャツやトートバッグなどを刷ってきたものの、それだけではまだまだ足りないので新たにニューアイテムを模索中だ。

 

そして思いついたアイテム1つ目がこれ!

f:id:ssg-k-botch:20200104232954j:plain

白無地の靴下

靴下である。

 

フリマの現場で与えられるブーススペースは極めて狭い。おおよそ一畳分程度だ。そこで場所を取る大きな商品をいくつも置くのは難しいと予想し、小物の種類を増やそう! という狙いからの靴下である。ちなみにサイズは23〜25センチのレディースもの。

 

前々からネットでとにかく安い無地の靴下を探してはいたものの、取り立てて安価な物が見当たらない。一方、某Amaz◯nで駄菓子みたいな値段で売られている靴下を発見するが、それはそれで逆にポチる勇気が出なかった。もしかしたら靴下みたいな駄菓子の可能性だってある。ネットショッピングとマッチングアプリの写真は信用ならないのだ。

 

そんな思いを抱えつつ、元来の人混み嫌いをグッと抑えながらお正月商戦に沸く繁華街を物色し、ようやく手に入れたのがこのオーソドックスなソックスなのである。

近いうちにシルクスクリーンで「いいぬ!」のプリントを施したい。

いいぬ!イラスト更新

最後のおまけに、前回の記事までに間に合わなかった最新の「いいぬ!」イラストを。

f:id:ssg-k-botch:20200104235228p:plain

フレンチブルドッグとカメラ旅行

SSGメモ21:結局実物を見て買うのが一番無難

シリーズ物を作ろう!

〇〇を描く人だ

メリクリもあっという間に過ぎ去り、年末もいよいよクライマックスな今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?

「フリーの芸人」なんていう社会の中でも群を抜いていい加減な立場の僕でさえ、小さなことから大きなこと、面倒ごとから楽しいことで溢れかえり、せわしない毎日だ。

 

最近、そんなバタバタした日々の中でちょいちょい時間を見つけては描き溜めているイラストがある。

 

「いいぬ!」シリーズのイラストだ。

f:id:ssg-k-botch:20191227234508p:plain

「げんつきーぬ」

今月のRISOさん、世田谷233中根さんとの定例会議の際、こんな話が出た。

来年の3/29にフリマアプリ「ミンネ」が主催する大型フリマイベントに出店することが決まり、今後その他にも大小様々な販売機会に参加しようと考えた時、小林ぼっちが何のグッズを売る人なのかが、もうちょっと明確なほうがいいのでは?という課題である。

f:id:ssg-k-botch:20191228000010j:plain

左からRISOの上杉さん、山本さんと小林ぼっち

もちろん僕はSSGなので、シルクスクリーンでこさえたグッズを扱うわけだが、お客さんからすればそれ以上にどんなデザインだったりキャラクター商品なのかが重要である。

そこで全く無名の僕が気の向くままに統一感のないキャラのグッズを作るよりかは、ある程度同じキャラクターでシリーズ物として制作した方が、この人は〇〇の絵を描く人だ!ということがわかりやすく、売り手としても宣伝しやすいに違いない。

何気なく始まった「いいぬ!」シリーズ

そこで白羽の矢が立ったのがこの犬のキャラたちである。

f:id:ssg-k-botch:20191118231332p:plain

上段中央が主人公でそれぞれ性格が違うように描き分けたつもり

この犬たちは以前トートバッグを刷る時に考えたキャラだ。

ssg-k-botch.hateblo.jp

その時はSNSの「いいね!」を文字った「いいぬ!」というワードをまず思いつき、この犬たちはそこに添える感じで生まれたキャラではあるが、なんとなく自分でこれが気に入り、特に真ん中上段の白犬は寵愛している。

 

そこで暇な時間を見つけて最初に描いたのが、冒頭の原付に乗って街を走る白犬のイラストである。

もともとこれはグッズ用ではなくただの趣味で描いたものだったが、Twitterにアップするとフォロワーさんから多少反応があり、そして何を隠そうRISOの上杉さんが大変気に入ってくれているのだ!

 

というわけで、“僕は「いいぬ!」シリーズを描いてる人”になるべく、しばらくはこのイラストを描き溜めることにした。

f:id:ssg-k-botch:20191228003241p:plain

「すすりーぬ」

f:id:ssg-k-botch:20191228003324p:plain

宅飲みーぬ

f:id:ssg-k-botch:20191228003410p:plain

語りーぬ

さて、描くと言ったからにはたくさん描くぞ!

3/29の埼玉スーパーアリーナでのミンネフリマでは大量の「いいぬ!」グッズを引っ提げて完売を目指します!!

ご興味ある方はぜひ応援しにきてくださいませ〜。

SSGメモ20:目指せ!キャラクタービジネス億万長者

SSG創世の地「ざっくばらんTV」とは

ご陽気な先輩・敏感-ファイルさん

僕は今でこそフリーの冴えないピン芸人だが、もともとはプロダクション人力舎という名門お笑い事務所に在籍する、冴えないピン芸人だった。

なので人力舎の芸人さんとは現在でもわりと交流があり、仲良くさせていただいている。

 

そんな中でも、僕が芸歴1年目のときから未だにお世話になっているのが柘植さんである。

f:id:ssg-k-botch:20191220172757j:plain

カメラフォルダにあった一番面白い柘植さん(本当は坊主)

人力舎の「敏感-ファイル」というコンビのボケ担当。僕の2年先輩であり、オシャレでひょうきんな人だ。

 

そしてとにかくよく喋る。とにかくずっと喋って喋って、相手にも喋らせたかと思えばそれを遮ってまた喋る。そのせいで年中喉を枯らしているため、僕も出会って8年になるものの未だに本当の声を聞いたことがない。

僕とは正反対のキャラクターでありながら、不思議と最初からずっと可愛がってもらっている先輩だ。

 

そして敏感-ファイルのもう一人、ツッコミ担当の服部さん。小柄で目が大きく、常に実年齢よりは2~3歳若く見える人だ。

この先輩はなんというか、とりわけ明るくもなければ暗くもない、得てして普通の人だ。ただ、普通の状態で10年間お笑い界に身を置き続けているということは、つまり一番の異常者だと僕は思っている。

世田谷Webテレビ「ざっくばらんTV」

さて、なぜ急に敏感-ファイルさんの話を始めたかといえば、先日お2人のネット配信番組「ざっくばらんTV」に、シルクスクリーンの宣伝もかねて遊びに行かせてもらったからだ。

www.youtube.com

何を隠そうこの番組こそが、僕がシルクスクリーン芸人になったきっかけでもある。

 

「ざっくばらんTV」は、いつもお世話になっているギャラリー世田谷233の中根さんが主体となって配信しているネット番組「世田谷Webテレビ」の中の一枠で、もう丸6年も敏感さんが担当して続けている。

今年の初夏、フリーになってすぐのときに柘植さんが気づかって番組に呼んでくださり、そこで初めて中根さんと知り合ったおかげで、あれよあれよと秋にはSSGになっていたのだ。

 

つまり今の僕が中根さんと出会いシルクスクリーン芸人として活動していることも、元をたどれば柘植さんが引き合わせてくれたおかげ。おそらく柘植さんはキューピット界で唯一声がガラガラのキューピットなのだ。

f:id:ssg-k-botch:20191220184908p:plain

正直Tシャツではもう寒かった・・・

そして先日、今度はSSGとして、再び呼んでいただき2回目の出演をさせていただいた。

というわけで見てね!

今回はみんなで適当に絵を描き、それをあとから並べ替えて4コマ漫画を作ろう、というなかなかクリエティブで頭を使うゲームに挑戦。

ほぼ毎回勝手にやってきて実質レギュラーを獲得しているホビーという後輩芸人も加わり、4人で試行錯誤しながら濃厚な物語を生み出す様子をぜひ見届けてほしい。

f:id:ssg-k-botch:20191220183634p:plain

左から服部さん、ホビー、小林ぼっち、柘植さん

・・・いや、本当はそんなことよりなにより、服部さんの見てると不安になってくる気味の悪い絵をまずチェックしてほしい!

冒頭の紹介で「普通の人」などと書いてしまったが、その絵からはそこはかとなく服部さんの異常性がうかがえる・・・。

 

世田谷Webテレビは毎週木曜19:30~ギャラリー世田谷233より生配信。敏感-ファイルさんのざっくばらんTVは、基本的には月1で毎回いろんなゲストを迎えながらお送りしています。YouTubeアーカイブもあるのでぜひぜひ見てみてください!!

生配信→https://233tv.jimdofree.com/

アーカイブhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLZ7XAa5ymu-18vbCGDkhLmVunQu9S5Tcc

SSGメモ19:坊主の声ガラガラおじさんキューピットもいる

フルカラーで作ろう♪

 

刷るのはハイクオリティな写実イラスト

前回の記事で書いたとおり、映画『多日想果』の制作資金を募ったクラウドファンディングの返礼品として、フルカラーのオリジナルTシャツを刷るということで、美男美女の俳優さんたちに混じりつつその工程を見学させていただてきた。

今回はシルクスクリーンでいかにカラーの画像をプリントするのかを紹介していこう。

 

この日刷った画像はイラストレーターの 雪下まゆさんという方が描き下ろした映画のイラスト。

f:id:ssg-k-botch:20191215141334j:plain

雪下まゆさん描き下ろしイラスト


一見すると写真と見間違ってしまうほど繊細であり、幻想的な美しさが描かれた素敵イラストである。しかし、こんな緻密な色彩をシルクスクリーンで表現できるのか・・・?

刷るたびに感激も4倍

 まずはこの画像をパソコンに読み取って専用のソフトで解析し、4色の層に分ける。・・・といわれても早速よくわからないが、とにかくその4色を重ねると元画像の色彩が再現できるように、うまいこと黄色、赤、青、黒の画像に分けられる。

そしてそれらを GOCCOPROで版に出力。それぞれインクの濃淡も計算されている

f:id:ssg-k-botch:20191217152929j:plain

今回使った4色のインク

ただここから先はアナログでわかりやすい。

その4パターンの版を色を変えて順番に、位置がずれないように重ねて刷るだけである。

 

そこで活躍するのが、前回紹介した「タコちゃん」だ。

とにかくこの作業ではプリントの位置がずれてしまうことが一番の脅威であるため、台にTシャツをしっかりと固定し、かつすべての版が同じ位置に重なるようにしなければいけない。

しかしそれも、最初のセッティングをきちんとしておけば、あとはタコちゃんの力強い鋼鉄アームがガッチリとブレずに機能してくれるのだ。

f:id:ssg-k-botch:20191215144223g:plain

刷るごとに絵が浮かび上がってくる

こうして4回刷っていくと、1回目の黄色のみだとまだ全貌がよくわからないが、2回目の赤を重ねると絵が浮かび上がり、3回目の青でその色彩も鮮やかに現れ、最後の黒は仕上げ的な感じでくっきりと色が締まるイメージだ。

版を上げるたび、段階的に絵が浮かび上がってくる様子は何度見ていても新鮮に楽しく感動ものだった。

 

あとは刷ってタコちゃんを回転させて、を繰り返してひたすら一枚一枚仕上げていく作業だ。大変そうではあるが、3〜5人で役割分担をし、システマチックにこなせば意外と早く終わる。実際この日も55着+私物のパーカー数着を刷っていて3時間もかからなかった。

f:id:ssg-k-botch:20191217153929j:plain

できあがったTシャツ。失敗もほぼなく無事に終了

f:id:ssg-k-botch:20191217152157j:plain

あえて赤まででやめてもセピア風でイイ感じ

あこがれのフルカラー

というわけで、RISOさんのサポートがあれば意外と誰でも挑戦できそうなフルカラーのシルクスクリーン

もちろん版を4枚使うため、その分出費は多くなってしまうが、仕上がりの豪華さはやはり1色刷りとはだいぶ違う。シルクスクリーン芸人としては、いつか制作してみなければいけない目標だ。

SSGメモ18:原画が素晴らしいと4色も刷り甲斐がある